仏壇・仏具・位牌・線香・掛け軸・数珠・お盆提灯・神具の専門店。お仏壇のことなら岡山市,倉敷市,津山市の岸佛光堂までどうぞお気軽にお問い合わせください。

086-252-5065
年末年始除き年中無休対応!!

お彼岸について

岸佛光堂 お彼岸について

お彼岸について

お彼岸の由来

インドの古語で「パーラミター」の漢訳で「到彼岸」の略であるといわれ、極楽浄土という理想郷を意味しています。迷いや苦悩に満ちた「此岸<しがん>」に対して、理想の彼方の「彼岸」ということです。
仏教では、悟りをひらいた人は、彼岸にたどり着くことができるとされています。仏教行事のなかでも、もっとも仏教思想をふまえた行事であるといえます。

お彼岸のしきたり

春の彼岸は3月20日(春分の日)、秋の彼岸は9月23日(秋分の日)を中心に、それぞれ前後3日の七日間となっています。春分の日・秋分の日を彼岸の中日と呼びます。
彼岸は太陽が真東から昇り真西に沈み、昼と夜の長さが同じになります。そして、迷いと悟り、この世とあの世、現実世界と理想の世界の接する日でもあるといわれています。
今日、自分があるのはご先祖さまのお陰であるということに感謝をし、自らも彼岸(理想の彼方)に到達できるように礼拝する期間です。お仏壇やお墓を美しく整え、お花やお供え物をして、家族そろってご先祖様を供養してください。

お彼岸
準備する仏具 特に準備するお道具はありませんが、仏壇やお墓を美しく整え、
しっかりとお供えをし、いつもより丁寧な供養を心がけて下さい。
岸
岸